平成12年5月21日(日曜日) チームリバートレッキング   黒俣川(静岡市黒俣)
みずがき倶楽部第2回待望のリバートレッキングです。当日の雨が心配されましたが、 快晴となりました。川の水量も適当で澄んでおり、絶好のリバートレッキング日和でした。気温は24度くらい日向に出ると暑いほどですが木陰では風が冷たく、 やや水温も低めでした。

準備   報告2   ふりかえりシート 

報告1

 ■黒俣川 到着
総勢22名の子供たちが参加しました。川を歩くということで安全確保のためライフジャケット配布(一括購入)をした後、各班ごとに車に乗り、 本日の目的地である黒俣川に出発した。
 ■スタッフ
全体統括 原
トレッキングリーダー 朝重
サブリーダー 長谷川
バックアップ班リーダー 渡辺
廻送 竹内、中村
アシスタント 安藤、鈴木、小田、秋田
 ■注意事項の説明

●歩く距離1300m
  条件により短縮
●リバートレッキングの楽しさ、ルールの説明
●3原則
トレース グリップ ブレーク 
●隊列の組み方

●説明場所の注意
子供たちは川に降りて少し興奮気味、注意を良く聞くようにコントロール(場所、興味を引く)

 出発 10:10隊列を組んで進もう!

 小さい子などは荷物がやや大きく、不安定な足取りで進みだした。 最初はあまり水の中に入りたくない子供が多かった。靴はズック靴。

 ■トレース

●1列になって進む。前の人が歩いたところを一歩も間違わずに進むように。後の人がずれて歩くと深みにはまったり流されてしまうことを注意する。
●最初のコースは川の歩き方を慣らすためやや平坦なコース設定。
だんだん川の中での歩き方になれてきたようです。 
10:25
歩き出してから約500m地点

●最初の休憩
思い思いに遊びだす。
男子は早くも水に飛び込む子供たちが現れる。長時間水の入っていると体が冷えてくるため注意が必要。
水がたいへんきれいでした。

 3匹のカッパが進む
 ■ブレーク

●隊列をといて休憩したり、自由に遊ぶ時間を設定、アシスタントは少しはなれて上流と下流で監視、注意をしている。
●ブレークの終了に集合をかけ点呼を取る。人数確認は重要なこととして子供たちにも理解させる。