Kiyaku.gif (8140 バイト)

第1条(名称)

本会は、その名称を「しずおか流域ネットワーク」と称する。

 

第2条(目的)

本会は、人間も自然の一部であるという認識に立ち、静岡県内の川を中心とした地域、すなわち流域を対象に以下のことを目的として活動する。

  1. 自然との共生を志向した自然保全型技術を開発するとともに、地域環境のあり方を新たな視点で見直す。
  2. 子供の健全な成長にとって自然が大切なことを重要視し、地域の人々と共に流域の自然とふれ合え環境を整える。
  3. 川と流域の自然・文化について多くの人々と情報や意見を交換する場を設ける。

 

第3条(事業)

本会は、その目的を達成するために次の事業を行う。

  1. フィールドワークや地域の人々との交流を通して、流域の自然や文化の特性を見つめた上で、多自然型川づくりや里山の再生計画などの具体的な改善案の提案
  2. 地域環境に対するボランティア活動の実施
  3. 優れた地域活動に対する積極的な支援や参加
  4. 流域内で活動する様々な組織・団体等が各々の領域を越えて問題点を検討する場としてのフォーラムの形成
  5. シンポジウム、講習会、ワークショップ等の開催
  6. 子供達と共に自然とふれあい、地域の人々と交流する場の提供
  7. 流域活動の情報誌としての会誌「流域ネットワーク」の発行
  8. その他本会の目的達成に必要な事業

 

第4条(会員)

  1. 本会の会員は、本会の主旨に賛同し、かつ所定の会費を納入するものを言う。
  2. 本会の会員になろうとする会員は、入会申込みを行い、評議員会の承認を得なければならない。
  3. 本会を退会しようとする会員は、退会届を評議員会に提出しなければならない。

 

第5条(組織)

  1. 本会は会長1名、副会長2名、評議員若干名をおく。
  2. 評議員は総会において選出され、任期は2年とし、再任を妨げない。
  3. 会長は、評議員の互選により選出する。
  4. 副会長は、会長の指名により選出する。
  5. 評議員は、評議員会を構成し会の運営に関する一切の職務を執行する。
  6. 評議員会に以下の専門職をおく。
  7. 会の運営にあたり、有識者からの助言を必要とする場合は、顧問をおくことが出来る。ただし、会員から顧問を選出することを妨げない。

 

第6条(会合)

  1. 本会の総会は、年一回とする。なお、必要に応じて臨時総会を開催することができる。
  2. 評議員会は会長の要請により開催し、必要に応じて顧問又は評議員以外の会員の出席を求めることができる。

 

第7条(会則の改正)

本会則の改正は、総会出席者の過半数の承認を得るものとする。

 

付 則

  1. 本会の会費は、年間2,000円とする。なお、会計年度は、4月1日より翌年の3月31日とする。
  2. 本会の会則は1998年7月15日第1回総会により承認され、同日より施行される。
  3. 事務局 〒420-0839 静岡市鷹匠2丁目17−8 竹内印刷
  4. TEL054-255-2586  FAX054-255-2587
    (会費振込先 郵便局 口座番号00870-4-95568)  
        加入者名 静岡流域ネットワーク)

    静岡県流域ネットワーク 2001年度役員
    評議員 会 長         原 隆一
    評議員 副会長         竹内礼子
    評議員 庶 務(会計監査を兼務)鈴木一彰
    評議員 編集委員(委員長)     竹内礼子(兼務)